ドリルは漢のロマンだ




広告


トレンティア大戦


配布元 トレンティア大戦(Vector) Ver.1.6 最終更新 2004/11/20

配布サイトを持たず、Vectorでのみ発表された、新鋭オリジナルシナリオ。20人と多めのマスターはそれぞれ多種多様な特徴を持つ。マップやユニットはオリジナルで、デフォ系シナリオに飽きた人にはちょうどいい。

全体のバランスはよく、しっかりと作られている。強すぎる、弱すぎるということはなく、どの陣営でもそれなりに戦える。クラスチェンジは2〜3段階とそう多くはない。一般ユニットの魔法も極一部を除いてBランクまで。魔法の効果はデフォとほぼ同じ。

イベントは各陣営のエンディングに至るまで、完成しており、長く楽しめる良作のシナリオである。Mリカバーの回復量が多く、ヘタレプレイが非常にやりやすいので、バランスがきつめのシナリオはごめんという人にもお勧め。

リザードマン陣営に属するユニットが少ないのが残念・・。未来兵器陣営のガトリングマジシャンはいい。くっはー。バズーカマジシャンになるともっといい。強いし。華奢な女性ユニットが、威力の高い銃を持ってるってのがいいよな。これがシューターとか狙撃兵じゃ駄目だ。

地域雇用が非常に充実しているのが魅力的。また収入もかなり多めなので、色んなユニットを雇用して、自由に育てよう。中立エリアにいるワイバーンには注意。かなり手強いはず。

トレンティアの綴りがTorenthiaと判明。ここのファイル名はtrenになってるが気にしない気にしない。


マスターは20人。極めるのは大変だ。


オリジナルのマップ。イベント上の要所が幾つかあるぞ。


行け、ガトリングマジシャン!


ページトップへ戻る↑

シナリオ1


各陣営とも支配エリアは一つ。戦略、イベント、雇用上の要所は魔道開発研究所、スマット港、要塞都市ガイラなど。

マスター別攻略

ミルフィーユ
愛らしい獣人族。マスター、人材ともに優秀で弱点はない。配下の獣人も回復技能を持ち、特に弱点がなく、移動力も非常に高くて使いやすい。上位の獣人戦士は全魔法Cで自己強化可能。モンスター系なので、各地で雇えるモンスター系ユニットを雇えば戦術の幅も広がり面白い。獣人族は高いが、生産ユニットならフェアリーなどを雇えばよい。難易度は星三つだが、もっと低い気がする・・。

クーナ
雪原の自衛団。価格の安い一般ユニットが居ないので最初は内政がきつい。スノーソード、スノーボウ共に回復魔法が使えるので便利。またマスター、人材とも魔法に恵まれており、全ステータス、火防、水防、アゲン、リカバー/Mリカバー、フライのフル強化が可能。フル強化後に戦えば、中立軍は敵でないはず。

グレイモアー
北方のリザードマン。主力のリザードナイトは非常に高い攻撃力、防御力を誇るが素早さが低く、お値段は高め。格下のリザードマンも雇用費がかなり高い。特筆すべきはマスターの絶大な破壊力。どんなきつい戦いでもマスター一人の力でなんとかしてしまうほど。魔法に恵まれていない陣営なので、ラフレシアやハイフェアリーなどの力を借りることになるだろう。魔族の配下のシャドーには注意。物理、火、闇が吸収されるので序盤は殺す手段がない。沼地タイプは平地で-30%の修正を受ける。技量が高いとは言えないリザードマン系は特に戦う場所を考えよう。テストプレイでは、グレイモアーが単騎で特攻して、戦力差を過信して前線に出てくるマスターをばったばったとなぎ倒して、あっという間にクリアできてしまった・・。

タナトス
騎士団を率いる平原の王。例のごとく平地ではめっぽう強いが、土魔法と荒れ地に弱い。要塞都市ガイラを本拠地として周囲の敵と戦おう。風A、光Bを持っているリカが仲間になればフライ、スピード2、オールヒールが使えるので、どこでも戦えるようになる。魔法戦力だけはどうしても見劣りするので、首都トレンティア、魔導研究所を目指すといい。ガイラを確保しているだけでも、魔法戦力の加入はあり得るが。