ドリルは漢のロマンだ




広告


未完英雄譚


配布元 23番工房 最終更新 2010/03/12

ファーレントゥーガでは珍しい、ステージクリア型のシナリオ。タクティクスオウガなどのいわゆるシミュレーションRPGに近い。フィールドマップは覇権と同じ、RPG風フィールド。アイコン、顔絵などは全てオリジナル。敵は侵攻してこないし、通常の雇用や収入は一切ない。

「雇用」エリアにいるユニットで雇用を行うと、次のターンにマスターのところにそのユニットが配置される。要はパーティに加えるユニットを雇いれてるというわけ。初期資金では5人雇えるが、勿論進むに連れてパーティは増やせる。ユニットの能力値は一見高めだが、HPせいぜい40〜70とかなり低めで連続で攻撃を受ければあっけなく死ぬ。きちんと考えて敵に囲まれないように行動すること。

人材が死んだら待機エリアに配置されるので、そこから「治療」を雇用すると、治療されて戦線に復帰できる。しかしEランクに戻されるので、大人しくロードしたほうがいいだろう。エリア制圧時に多少の収入と、まれにアイテムが入手され(撃破数による)、ユニットに合ったアイテムがあればユニットがクラスチェンジする。

雇用できるユニットは個性豊かな人材が揃っており、どの人材をパーティに加えるのも自由だが、回復魔法の使い手は入れておこう。初段の攻撃が設定されてないので、突撃は効果無し。敵側に自分たちに攻撃を加えて交戦開始状態にさせるユニットが配置されているので、戦闘はこちらが近づかなくても始まる。

魔法はかなり制限されており、使えるユニットは少な目、かつ使えるランクも厳しい。無制限に強化魔法が撃てるというバランスではない。強化は単体。エレメントは無し。だが弱点持ちの敵が多いので、魔法部隊は必須になる。

敵の多くはMP消費無しの特殊攻撃を持っているので、近接で返り討ちという状況はまずない。

エリア制圧後は、横道になんども戦闘できるフリーエリア(無敵な敵が配置)が用意されているので、どうしても勝てない時はそちらで強くしていこう。ただしユニットの基本経験値はかなり高めに設定されているので、なかなかランクは上がらないので注意。まぁあっけなくみんなSランクになったら面白くないし。でもクラスチェンジ+Sランクになっても、3〜4回連続で攻撃を受ければあっけなく死ねる。

非常に変わった試みであり、かなり面白いシナリオ。面クリア型では初期のころの「弱きもの」、最初に人材を選んで人材だけで進めるパーティ型には「英雄志願」などがあったが、きちんとゲームになっているのはこのシナリオが初めてと言っていいだろう。ただテンポ良く進めるかといえばそうでもない。練習ステージでちまちま強くしたり金を稼いで仲間を増やしたりする必要はある。


マスターは主人公一人。まぁ当たり前か。


雇用エリアで人材を選ぼう。


SRPGやってる気になるよね。後方支援型ユニットは結構あっけなく死ぬので注意。


ページトップへ戻る↑

シナリオ1


ページトップへ戻る↑