ドリルは漢のロマンだ




広告


GeoGround 第二章 -世界の終焉-


配布元 White Beat
またはVectorから。
最終更新 2004/10/16

フェイス画像、マップからユニット画像に至るまでオリジナルで仕上げられているシナリオ。選択可能なマスターは15人。単体で一軍に匹敵するS級悪魔や、愛らしいワーウルフ、雪だるまでは無いアイスマンなど多彩な顔ぶれ。幾つかの大陸を海路が繋いでいるが経路は少なく、一番大きい大陸以外では複数のマスターと混戦になることはあまりない。

デフォルト、またはスマイル氏のユニット画像を使っているオリジナルシナリオが多い中で、ユニットまで自作のシナリオは珍しく、新鮮。ユニットのクラスチェンジは多めで、クラスチェンジも早く、強さも加速度的に強くなる。上位ユニットは能力もさながら攻撃回数、死、麻痺、幻想などの特殊攻撃、各種魔法、特殊技などの面で非常に恵まれるようになる。戦術時の行動に幅が出来るため、かなり爽快なプレイが可能。


マスターは15人。


旗画像には名前つき。ユニット画像は完全オリジナル。


さすがにマップチップはデフォと同じ。魔法の名前、威力はかなり変わっている。

ページトップへ戻る↑

雇用


エリア雇用できるのはモンスター系だけ。一般ユニットは一クラス下のユニットを雇用可能。エリア収入がかなり多めなので、戦力の充実は比較的楽に進む。人間系マスターの殆どが魔術師系と僧侶系を雇用できるので、魔法戦力はどの陣営も非常に高くなる。

ビーストテイマーの能力を持っているのが殆どいないでの、せっかくモンスター系が雇用できても使いこなせないかも。ちょっと勿体ない。

ページトップへ戻る↑

魔法


魔法は名前、効果ともデフォと変えてある。攻撃力が高くなった魔法が多い。またキュア系の消費MPが減っており、魔法の空打ちによるヘタレプレイが容易。

ページトップへ戻る↑