ドリルは漢のロマンだ




広告


FTE Ver.0.2


配布元 きもちものっそい勢いでファーレントゥーガを楽しむところ 最終更新 2005/01/02

旧称はFT演義(仮)。デフォルトのシナリオを元に、エリアやマスターを大幅に追加したもの。弱いとされていた陣営にも新ユニットが追加され、全体としては非常にバランスのとれた良い作品となっている。人間以外もマスターも優遇されており、本拠地を遠く離れた場所でしか登用できない同族ユニットもいたりして、征服の楽しみがある。

人材では初めから強力なキャラが幾人か居る。能力値が200を越えているのも居るので、エディタを使うと最大値が一律に200にされるので注意。

一般ユニットの能力値は、どの陣営でもあまり極端な強い、弱いがない。戦士系ならどの陣営も似た能力値であり、いい勝負が出来るようになっている。また魔術師、僧侶系も結構死ににくいので、前線に出向くべきかも。ただし、かなりの割合のユニット(マスターも含めて)に、なんらかの弱点が存在している。注意すべし。

ユニットのクラスチェンジは実質二段階、すなわち一回しかないため、異常に強い一般ユニットというものはあまり存在しない。ために、雑魚を蹴散らすという爽快感には欠けるかもしれない。またエリア数も多めのため、最後までやるとだれるかも。

戦場マップには、『崖』の概念が取り入れられており、見た目も美しく、移動の分断がより戦術に幅が出来て面白い。マップ全体を通してみても、マップ内に平地、砂浜(砂漠)、崖(山地)など多くの地形を使っているマップが多いので、地形効果を生かした戦いを楽しめるだろう。

裏設定やイベントが非常に凝ったものになっているが、その分プレイヤーの想像力が介入する余地がなくなっているかも。また特定の人材は死んでも、次のターンに帰還してくれる。イベントは各陣営のスタートと、ほぼゴート、ラムソン関係だけ。イベント内容は濃密だが、発生条件が厳しいので、見るのは非常に難しい。

中立地帯にも人材が配置されていたり、定期的に戦力が補充されたりしているため、低いレベルでやっても対中立戦に苦労するかも知れない。

マスター選択画面
マスター選択画面。あのカルラもマスターに。

戦略画面
青の義将、王都を伺う。大陸マップはデフォとほぼ同じだが、エリア数は倍増。

戦術画面
食らえ、俺のトサカを! 『崖』の概念を取り入れた秀逸なエリアマップ。

ページトップへ戻る↑


シナリオ1 戦いの序幕


開始ターンは1。幾つかの陣営は最初から複数のエリアを支配している。付近に戦力値の高い中立エリアがあったりして、そう簡単には支配国は増やせない。

戦力はLV2のもの。±50程度の変動あり。
マスター難易度戦力慎重度 支配収入初期人材人材費 主力主力雇用最低雇用 近接敵近接中立同盟 バランス一言
ゴート[世☆☆☆2600150 1663 BBBBA- ソルジャー205 02 人材に恵まれている
ムクガイヤ☆☆☆9500145 32547 AAAABA ブラックナイト335 14 バランス最高。
アルテナ☆☆☆3100190 1510 BC-BB- Dライダー4118 03 Dナイトは強いが魔術師がいない
ルーゼル☆☆☆3900140 11021 B-BB-A デビル3323 03 マスターは強力。光が無い
ラムソン☆☆☆8600185 31644 CDACB- ナイト315 16 魔法不足。ナイト系の欠点に注意
バルバッタ☆☆☆4100160 2810 BC-BCB ゴブファイター174 13 もう雑魚とは呼ばせない
エルフォード☆☆☆2650210 1410 -BACC- エルフファイター3223 02 集団戦で
ゲルニード☆☆☆3200150 1611 BBBBCB リザードファイター3119 03 周囲の中立に注意
ウォーラック☆☆☆3300130 1611 B--B-B ドワーフ2121 01 ×魔法の援護がないぞ
ブレッド☆☆☆3000160 11011 -BB--- 海賊228 03 強化、回復手がいないのが辛い
ピヨン☆☆☆2400200 1400 -BC-C- アイスマン192 04 魔法系ユニットは増えたが
ナルディア☆☆☆3200170 1610 A-B-CC デザーツナイト2822 03 回復役が少なく厳しい
ローランド☆☆☆2700240 1713 CCCCC- ドラゴンライダー-4 04 初期ユニットは強いが
シェニス☆☆☆2900140 1411 C-C-B- ブルーソルジャー2818 12 トサカ
ディアーズ☆☆☆2750160 1500 BBAAAC キラー207 11 いきなりムクガイヤと衝突
ザイヴァ☆☆☆2950225 1600 ACBCBC アーマーナイト254 02 弓士系重視
ダムネア☆☆☆5300120 2510 B-D-B- グラディエーター265 10 男は根性
カルラ☆☆☆3000185 1410 -ABCBC スノーソルジャー2423 04 ビーストテイマー

マスター別攻略

ゴート[世
王位回復を計る流浪の王子。弓士、僧侶系は雇用できない。だが最初から多数の人材に恵まれているため、楽だろう。イベントにも恵まれているので、ドルスの助言通りフェリルを統一し、内政に励んでもいい。

ムクガイヤ
王都を押さえた魔道王。雇用できるユニットは多岐にわたり、戦士系から、ナイト、弓士、弓騎兵、魔術師、僧侶と、非常にバランスがよい。オリジナルマスター達が王都を包囲しているが、どうとでもなる。ただしローランド軍はマスター、人材が強力なので注意。

アルテナ
リュッセルに帰還した赤き髪の竜騎士。同盟相手はローランド。ブレスを持つドラゴンライダーは強力だが、風に弱いので注意。魔術師不足はなんとかなるが、僧侶系がいないのはちょっと厳しい。スヴェステェンのオールヒールが命綱。MPの使いすぎに注意。

ルーゼル
破滅を望む孤高の魔王。例によってマスター本人は非常に強いが、悪魔系の宿命として神聖と光への弱点がある。配下の飛行ユニットはさらに風への弱点が。主戦力のデビルが攻防に優れるが、素早さと技量は低い。北のカルラを落とせば、後方の安全が確保されるので、ザイヴァ、ローランドを撃破して王都に向かうもよし。

ラムソン
義のために立った騎士団。ムクガイヤに並ぶ勢力を持つが、最初は魔術師、僧侶系を雇えないので注意。デフォルトよりきつくなった。回復は人材か、スクワイヤのヒールタッチ頼み。やはりナルディア、ウォーラックは平地に誘い出して。対ムクガイア戦ではナイト系の弱点に注意。弓騎兵で一気に駆け寄って、魔術師を射殺すのが吉。シェニスとの同盟は10ターンまで。

バルバッタ
秘宝の力で進化したゴブリン達、人間への復讐を誓う。もう雑魚とは呼ばせない。ゴブメイジ、ゴブリーストの加入でリザードマンと同じく非常に強化された。風魔法以外に困ることはない。主力のゴブファイターも、非常に素早く、他陣営の戦士系に劣るところはない。最初からダムネアと隣接しているが、あちらには魔術師系と僧侶系が欠けているので、戦争で遅れを取ることはない。またすぐにゴート[世も来るが主力が人材ばかりなので消耗戦に持ち込めば絶対に有利。非常に安いただのゴブリンもいるが、内政に使えるだけでなく、じつは結構強いので戦場に投入するもよし。

エルフォード
平和を愛する森の種族。遠距離、集団戦で威力を発揮する。エルフファイターが居るので、接近戦も可能に。ただしエルフはみな闇に弱いので注意が必要。ハイエルフも魔法の能力は素晴らしいものがあるが、極めて脆弱なので注意。たぶんどんな敵からも一撃で殺される。ノーマルエルフは・・いまいち使いどころが無いので雇用の必要はない。

ゲルニード
左利きのリザードマンの一族。弓士、魔術師系が加わりデフォルトに比べると著しく強化されている。魔術師系は光も使えるし。HP再生に優れ、通常攻撃に毒があるのも便利。これだけバランスがとれて強い陣営なら、どんな進め方でも出来そうだが、周囲の中立エリアが非常に強力なので注意。サップ沼で戦闘訓練するのも手かも。

ウォーラック
ガルガンダの狂王。山地属性、完全戦士系。特殊技スマッシュを持つ主力のドワーフの他に、拳闘士系のドワーフウォーリアもいる。どちらを主力にしてもいい。ヒールが使えるホビットを求めて、リステム山地まで遠征するのもいい。リュッセルにまで足を伸ばせば、天狗もいる。ラムソンは怖くないが、ナルディアには注意。

ブレッド
ローイス海を支配する海賊王。海賊は海の上なら無敵。ババラッカスは非常に強化されたが、陣営全体では弓士も魔術師系も僧侶系もいないので辛くなっている。周りの中立エリアも手強いところが多く、結構厳しい。海上タイプの弓士系や魔術師系もいるのだが、なぜか雇えない。なんでやねん。せめて水夫が水兵だったら。ルートガルド港さえ占領できれば、水兵、ソーサラーを雇える。しかしムクガイヤ旗下のサルステーネは強い。洒落にならない強さを誇るので注意。殺しても復活するし。

ピヨン
謎の生命体、動く雪だるま、アイスマン。戦士系アイスマン、魔術師系アイスマンの追加により、かなり楽になったはずだが、序盤は彼らを雇えないので、やはりきつい。ただ安くて内政に使え、回復技も持つ雪だるまには助けられるかも。主力のアイスマンは相変わらず非常に堅いので、回復系が加わりより一層死ににくくなった。

ナルディア
貧しいが勇猛な砂漠の一族。豊かな平原に憧れる。回復手いないため、ちょっと厳しい。サンドメイジは火と風だけ。デザーツナイツはかなり強いが、サンドソルジャーはいまいち利用価値がないような。せめて特殊技があれば。砂漠にいる限りナルディアとクルトームは無敵。砂漠に引き込めばラムソンもウォーラックも二人だけで壊滅させられるはず。

シェニス
素早さに優れ、遠距離攻撃を主体とする青の兵団。魔術師系を雇えないが、ブルーソルジャーの使い勝手がいいのでなんとかなる。個々の攻撃力は低いので集団で。戦い方はエルフとよく似たものになる。青の剣は強力だが、回復や強化にMPを使わないといけないので厳しいかも。目指すは王都。宮廷魔術師が手に入ればバランスは完璧。ラムソンとの同盟が切れるまでに王都を手に入れられるか。

ザイヴァ
個性的なユニットを率いる神箭公主。通常攻撃に強いアーマーナイト、ボウマン、シューター、アーチャーと3種の弓士系、水、風、光、闇を使いこなすソーサリス。壁、遠距離攻撃、魔法援護とバランス的にはスキが無いが、どれも素早さが低めなのが難点か。内政向けの農夫は結構タフなので壁にしてもいい。初めに矛を交えるのはおそらくルーゼルだが、風に弱いユニットばかりなので結構楽なはず。

ダムネア
フェリルの一角を支配する、好戦的な爆炎のグラディエーター。最初から2エリアを支配しており、戦力も高いが、グラディエーターばかり。魔術師系、僧侶系が雇えないのできつい。主力のグラディエーターは高いHPと、体力回復の特殊技だけが特徴。とにかくオアー! オアー! と叫びながら襲いかかるべし。周囲に中立エリアが無く、いきなりバルバッタと決戦を挑まなければならない。

ローランド
大陸無双を名乗る強力な竜騎士。初期人材も強力、かつ上位ユニットのドラゴンナイトが初めから配備されている。しかし、初期エリアでは農夫しか雇用出来ない。ディアーズ、アルテナと永久同盟を結んでいるので、当面の敵はルーゼルとムクガイヤのみ。ローランドの波紋ブレスは射程、範囲、威力とも絶大。ドラゴンナイト系の風に弱いには注意。ムクガイヤの黒騎士系は海の上の誘い出して撃破を。

カルラ
氷原に割拠するビーストテイマー。同族戦士系のスノーソルジャーは一応遠距離攻撃も出来るが、かなり弱い。機動力もないし。主力にはスノーベアを。オールヒールのため、カルラのMPの使いすぎには注意。当面の敵はルーゼルだけ。ビーストテイマーなので、後々のためにモンスター系を鍛えておくと面白い。中原に打って出ても人間系ユニットしか雇わないと、他のマスターと変わらないから。

ディアーズ
ムクガイヤに劣らぬ魔力を持つ、権謀の女傑。と、思ってたが設定を読むと男だった。騙された・・。配下は盗賊や山賊、囚人など色物系。僧侶系以外は雇用でき、貴重なアサシン系ユニットも雇用可能。いきなりムクガイヤと衝突するが、うち破りさえすれば一気に王都を制圧出来る。ただし、またすぐに敵に囲まれるが。ムクガイヤの主力、ブラックナイトはアースクエイクで一発で壊滅させられるはず。とにかく序盤が勝負。

ページトップへ戻る↑


雇用


人間系を含め、エリア雇用できるユニットが多く、征服の楽しみがある。主力ユニットの雇用費は安め。戦力を整えやすいが、敵もまた瞬時に戦力を回復させる。各エリアの基礎収入はかなり低いので、10エリア支配しても収入が50いかないなんてこともある。開発しないと人材費がきついかも。放浪人材は非常に多いが、人材費はかなり高めなので注意。

人間系マスターならば、まず自陣営に足りない能力を持ったユニットを雇用できる場所を目指すのがいいだろう。

ページトップへ戻る↑

魔法データ


デフォルトとは結構バランスが変えてある。強化系は範囲魔法になり、非常に強化しやすくなったが、強化幅をかなり落としてある。ファイアは非常に強力に、だが射程が1、すなわち隣接のみ。フリーズは威力低めで、レベルがあがると威力変わらず射程がのびる。エアカッターは威力は低めで、レベルが上がると範囲が広くなる。アシッドクラウドは射程と威力が反比例する。ヒールは射程長め、消費少な目で使いやすい。オールヒールの消費は多めで、連発出来なくしている。フライは一人にだけ。

全体的に、下位魔法の消費MPは少な目、上位魔法はかなり多め。また攻撃魔法の射程は結構短めになっているので注意。ただし魔法使い系が死ににくいので積極的に前線に出ていくべきかも。ファイア3の破壊力は、実にエクスプロージョン以上。

ページトップへ戻る↑

地形効果


デフォルトよりは極端な技能修正は減っている。特に陸ユニットの海での技能修正値に、あまりマイナスがつかないのが面白い。ただし移動力はそれなりに食う。例によって鈍足タイプがどの地形でも有利。

FTEのマップの特徴として『崖』という概念がある。これは移動力を大きく消費する山地というもので再現されていて、山の上の城、海から陸への崖など、マップも美しくなり、かつ移動の分断に一役買っている。山地を強行に抜けるか、回り道をするかなどの戦略が生まれ、面白い。


タイプ 平地雪木浅瀬 深海荒地雪原砂漠 山地火口沼地 城壁道路
草原タイプ +30+30+25+10-10 00+10-10-10 0-10-20+20 +50100+25100
鈍足タイプ +10+20+35+300 000+10+10 0+20+10+15 +501000100
海上タイプ 0+10+20+10+40 +50+60-20+10-30 -30-80+200 +501000100
砂漠タイプ +15+10+30-10-40 -60-90+20-20+60 00-20+10 +50100+30100
沼地タイプ 00+20-10+30 +10-20+15-30-20 -10-50+70+20 +80100+10100
山地タイプ -10+10+35+10-20 -30-20+2000 +25000 +50100-10100
森林タイプ 0+50-30+40-10 0-20-20+20-30 +10-70+20+70 +50100+10100
雪原タイプ 0+20+25+35-10 +10+10-10+60-70 00-20+30 +50100+10100
騎馬タイプ +50+30-20+10-30 -10-15-30+20-45 -50-90-90-10 +75100+50100
飛行タイプ 0+40+4-15 -10-10000 -5-100-10 +25+300+50

ページトップへ戻る↑