ドリルは漢のロマンだ




広告


デフォルトシナリオ


配布元 ふぁらんくす 最終更新 2000/12/12

デフォルトのシナリオ。デフォ最高、という人もいるが、もしそうならオリシナがこんなに流行ったりしなかったのではないだろうか。

人間以外のマスターだと、固有ユニットの種類が少なく、戦術の多彩さにかけるかも。ヘタレプレイはまぁまぁしやすい。

マスター選択画面
マスター選択画面。この味のある絵を楽しめるようにならないと、一人前とは言えない。

戦略画面
このデフォマップを採用しているオリシナは多い。

ページトップへ戻る↑


シナリオ1 戦いの序幕


開始ターンは1。各陣営がそれぞれ一つしか領土を持っておらず、かつ隣接もしてないので、もっとも自由に戦えるシナリオ。たぶん一番おもしろい。

戦力はLV2のもの。±50程度の変動あり。
マスター難易度戦力慎重度 支配収入初期人材人材費 主力主力雇用最低雇用 近接敵近接中立同盟 バランス一言
ゴート[世2100175 11122 BBBBA- グラディエーター658 02 戦魔僧弓のそろった初心者向け
ムクガイヤ☆☆☆1950145 12416 AAAACA シャーマン908 04 周囲は敵ばかり
アルテナ☆☆1750190 11212 BC-BB- Dナイト908 03 Dナイトは強いが魔術師がいない
ルーゼル☆☆2100140 11424 B-BB-A デビル12525 02 マスターは強力。光が無い
ラムソン☆☆☆1750185 11911 CCCCB- シルバーナイト9510 04 ナイト系の欠点に注意
バルバッタ☆☆☆☆☆1700155 11112 B--BCB ブルーゴブリン203 04 マスター以外はへにょへにょ
エルフォード☆☆1300210 1900 -BA-B- ハイエルフ5015 03 接近戦しなければ強い
ゲルニード☆☆☆☆1950150 1910 BB-BCB ハイリザード8010 02 ×主力を死なせないように
ウォーラック☆☆☆☆☆1750130 11012 B--C-C ボスドワーフ8030 01 ×魔法の援護がないぞ
ブレッド☆☆1600160 1911 CBBC-- キャプテン9010 03 回復手がいないのが辛い
ピヨン☆☆☆☆1450200 1800 ------ アイスマン改5015 04 ×魔法無し、きつすぎ
ナルディア☆☆☆1600170 1410 ACBCBC デザーツナイト8511 04 収入は少ないが、楽

マスター別攻略

ゴート[世
王位回復を計る流浪の王子。バランスのとれた陣営であり、特に弱点はない。やはり史実通りフェリルに進行し、バルバッタを倒すのがいいだろう。その後は北のナルディア、東のブレッドと、どちらと戦ってもいい。頼りになるドルスはいずれ・・

ムクガイヤ
王都を押さえた魔道王。魔術師系が特に強力だが、ナイトやソルジャー、ボウマンも雇える。周辺を攻略すれば人材もすぐに増える。ルートガルド3区やネルザーン砦などの要所を押さえたら、あとは同盟を使って好きなように戦力を動かせばよい。

アルテナ
盟友ゴートとともに王都奪還を計る赤き髪の竜騎士。ブレスを持つ強力なユニット、ドラゴンナイトは非常に便利。ブレス攻撃を仕掛けるなら、数を揃えて一気にいこう。最初は魔術師が雇えないので強化は大変。周囲を攻略してれば有能な人材は勝手に増えるので楽。

ルーゼル
破滅を望む孤高の魔王。文武両道のデビルは強力だが非常に高い。しかも風と光に弱いという致命的な弱点がある。マスターのルーゼルは非常に強いので、一人でもなんとかなる。水と光が使えないが、アイスドラゴンやゴールドドラゴンで補おう。デビルはシェードを呼んでれば、勝手にクラスチェンジして、いずれ強大なユニット、ベリアルになる。初期配置のモンスター系は全部捨てていい。

ラムソン
義のために立った騎士団。平地においては圧倒的な強さを誇るが、最初に矛を交えるであろう砂漠のナルディア、山地のウォーラック、ともに苦手地形であり、まともにやりあうのはかなり苦しい。むしろプレアを一度明け渡して、平地での決戦を望んだ方が楽。ナイト系の土に弱いという弱点は対ムクガイア戦でも足を引っ張ることになる。

バルバッタ
秘宝の力で進化したゴブリン達、人間への復讐を誓う。バルバッタ以外は非常に弱いので厳しい。レッドをゴールドにまで育てればかなり役に立つが、それが大変。実は主力はブルーゴブリン。ブルーからグリーンに育ててたら、エレメントと魔法攻撃にかなり期待できる。シャルパイラ遺跡で雇えるリッチーは強力だが、レクイエムに弱いので注意。ゴートが手強ければフェリルを捨てるのも手。

エルフォード
大いなる力を守る森の種族。遠距離、集団戦で威力を発揮する。周囲を制圧すれば青いのと緑のが仲間に。中立のラフレシアには注意。手強い敵は森に引き込んで戦うべし。火と闇を使えるユニットがいないので、主力の弓と魔法の強化が出来ないのが残念なところ。人材かドラゴン/リッチーに頼るかだが・・。とにかく集団で、エレメントで壁を作って戦おう。ヘタレプレイしやすく、クラスチェンジは早い。

ゲルニード
左利きのリザードマンの一族。ジェイクは優秀な魔法能力を持っているのでありがたいが、主力は殴る以外に芸がないのが厳しい。頑張ってルーンリザードまで育てれば、一気に楽になる。主力を死なせないように、経験値を集中させるべし。沼地の中立モンスターではメデューサがやっかい。グリンシャスを落としてエンジェルを雇えれば、回復手に困らなくなる。エルフは沼地に誘い込むこと。

ウォーラック
ガルガンダの狂王。山地属性、完全戦士系。ドワーフがただの狂戦士扱いなんだが、なんとかならんかね。ヒール要員が居ないので、リカバーは必須。モンスターや人材からの雇用で魔法を補えないと辛い。戦う時は山地に引きずり込み、少しでも有利な体勢で。

ブレッド
ローイス海を支配する海賊王。キャプテンは海の上なら無敵。ソーサラーもシューターも居るので攻撃力には不足しない。でも僧侶だけがいない。シャーマンを作って、リカバーと壁役のエレメントが居ないと厳しい。島々は開発効率がいいので、金を貯めてレッドドラゴンを雇用するのも手。グリンシャスを落とせばエンジェルも手に入る。

ピヨン
謎の生命体、動く雪だるま、アイスマン。きつい。どのレベルでやっても相当きつい。全く魔法が使えないし、雇用出来るのもアイスマン、アイスマン改だけ。他の攻略サイトなどを見るとケルベロスを雇って、ティアマットを作ろう、というのが基本戦術らしい。でもアイスマン最上位のブリザードマンは結構強い。相手に上位ユニットが出来る前なら十分主力になる。ちんたら内政や訓練をしてる暇があったら戦争すべきだろう。ヘタレプレイを許容しているなら、攻め込んだ後ひたすら待機して20ターンを過ごすのも手だ。部隊訓練するより経験の入りが遙かにいい。雪原の強敵、雪巨人はピヨンでぼこって仲間割れさせれば楽。フレイムガードを使える人材が仲間になれば一気に楽になるが、どうしても見つからないときはロスウェム雪原のアイスドラゴンを。スノーベアを雇って、戦闘待機戦術でアイスドラゴンまで育てるのもいい。おそらくこれが一番楽だ。

ナルディア
貧しいが勇猛な砂漠の一族。豊かな平原に憧れる。初めからビショップが居るのでかなり楽。移動属性砂漠タイプは結構適用性が高い。遠距離攻撃を行えるユニットが居ないが、魔術師、僧侶、戦士系が優秀なのでなんとでもなる。砂漠は内政しても効果が薄いのが残念。ラムソンは砂漠に引き込めば楽勝。ウォーラックはガルガンダ山に逃がすと面倒なので注意。

ページトップへ戻る↑


雇用


デフォルトシナリオでは、エリア雇用によって雇えるユニットはすべてがモンスター系である。残念ながら人間系ユニットの雇用は出来ない。イベント人材や放浪人材を雇用し、彼らの持つ雇用に頼る他はない。

ただし、モンスター系といっても各種ドラゴン、リッチーなど、強大な力、魔法を持つモンスターものも居る。ピヨンやバルバッタなどは自種族ではなく、彼らを頼りにすることもあるだろう。

下位ユニットは安いものの、即戦力となる中堅、主力ユニットはやはり高め。多くのマスターでは初期収入の5倍ほどの価格となる。主力をぼろぼろ失うような戦い方は出来ない。

ページトップへ戻る↑

魔法データ


魔法の詳細なデータは、魔法解説のページを。 射程の長さからエアカッターとフリーズを使うことが多いはず。また土に弱いナイト系と戦う時にはアシッドクラウドも強烈。抵抗がつけやすく射程も短いファイアはいまいち使い勝手が悪いかも。強化するときはまず強化術士にスピードを。強化役は多い方がいい。アースクエイクは空を飛んでる敵には効かないので注意。

ページトップへ戻る↑

地形効果


騎馬タイプは平地と道路上では悪魔のような技能修正値を誇るが、そういった地形は大陸全体を見渡すと少ないので、かなり使いにくい。山地や荒地に強い草原、山地、砂漠タイプは結構使いやすいのではないか。鈍足タイプは修正的にはかなりいいのだが、この移動属性をもつユニットはたいてい移動力自体が少ないので・・。


タイプ 平地雪木浅瀬 深海荒地雪原砂漠 山地火口沼地 城壁道路
草原タイプ +30+45+15+25-30 -50-70+10-10-20 0-50-30+20 +50100+10100
鈍足タイプ +15+50+35+40-20 -40-60+15-10-10 +10-40-10+25 +501000100
海上タイプ 0+10+200+50 +80+100-10+10-40 -30-80+200 +50100-10100
砂漠タイプ +10+20+40-20-50 -70-90+20-50+70 +25-10-20+10 +50100+10100
沼地タイプ -30-100+30+100 -20-40+15-30-40 0-50+70+10 +50100+10100
山地タイプ +10+30+65+10-30 -50-70+20-300 +500-20-10 +50100+10100
森林タイプ +20+80-30+40-30 -50-70-20+20-80 -30-70+20+70 +50100+10100
雪原タイプ +10+40+10+50-10 -30-50-10+80-60 -40-80-50+30 +50100+10100
騎馬タイプ +80+30-20+10-80 -90-95-300-85 -50-90-90-30 +50100+50100
飛行タイプ 00000 00000 0000 0+300+30

ページトップへ戻る↑