ドリルは漢のロマンだ




広告


Faren After 70


配布元 FarenAfter70 1.05 最終更新 2009/10/27

正史ファーレントゥーガの70年後という設定のシナリオ。老いたホルスも登場。システムに非常に凝っており、政策エリアを設け、様々な内政を行うことができる(面倒な内政のないシナリオもある)。

書き直されたオリジナルマップに、秀逸な顔絵のマスター、なぜかデフォのアイコンのままのが多いユニット。ユニットの能力はかなり偏ったもので、デフレともインフレとも言い難い。ゴブリンなんかは成長してもHP70、防御50程度で、ドワーフはHP200、防御200、しかも通常に強い、だったりする。じゃぁドワーフが強いかといえば、また別な話なのだが。

システム以外にも、戦闘バランスにもかなり凝っており、ステータスの数値を見ただけでは、強いのか弱いのか判らないユニットが一杯。とにかくやたらと「通常攻撃に強い」が多い。また攻撃力が低めでかつ攻撃回数が多いユニットも目立つ。固いユニットはとにかく固く、速いユニットはとにかく速く、遅いユニットはとにかく遅く、という感じ。

戦術を一手ミスするだけで、上位ユニットでもあっけなく死ねる。うん、死ねる。防御がそこそこで、通常に強いが無いユニットは前線に出さないほうが無難。でも攻撃高め、防御低めって戦士系ユニットが結構多いんだよね。

最近のシナリオにしては珍しく、強化魔法のレベル1が範囲になっていない。このため、戦闘開始時の強化は少々面倒。

特技にも凝っており、システムの穴を上手く使い、「フライ」や「グラビテイト」などの魔法の効果を持つ特技もある。魔法や特技の射程は長めが多め。数を集めて一気に撃ち込むのが効果的。ただし攻撃力は低めに設定されているので注意。

ヘルプの出来が良いのも特筆もの。70年間の歴史や、各種ユニットの紹介、膨大な人材の設定、特技の威力などの一覧もあって、非常に便利。


ホルス、年取ったねぇ・・。


紅い瞳の竜騎士、じゃないや竜には乗ってないからな。


新規アイコンと、旧アイコンが入り交じる。戦う時は耐性に注意。


ページトップへ戻る↑

シナリオ1or2


マスター別攻略

オズ魔術師団
初期マスターは火炎の得意なコンラッド。最初に連れて行く魔術師の系統を選べる。どれも遠距離状態変化範囲攻撃を持っている。こちらは魔術師が中心なので相手への足止め効果がある属性がいいだろう。おすすめは風。素早さは最重要なステータスだし。遠距離からガンガン削れるので数を揃えて。最上位になれば上位精霊を呼べるようになるので一気に楽になる。各地で戦士系を雇用して壁に、僧侶系を雇用して後方からオールヒールを使っていれば敵は居ない。最初が厳しいが、強化魔法の豊富さからどんどん楽になる。

オードゥール騎士団
マスターは馬なし騎士のガルディオン。一人だけ平原タイプなのが特徴。配下はHP、移動力、技量に優れる騎士だが、攻撃防御は低め。中距離から削るように戦おう。周囲の土地が騎士の移動属性にあわないため、序盤はとにかくきつい。ガルディオンにヒールを空撃ちさせてさっさとSランクにしてネルザーン砦を落とそう。本拠地はリュッセルに一時くれてやってもいい。苦手な沼で戦うことはない。騎士団幹部を集めてパーサを取れば最強のユニットに育つブルーナイトが雇える。こいつを攻防技に優れ、攻撃回数5回、通常に強いのセルリアンナイトまで育てれば敵は居ない。ただし、オールヒールとフライが使えるユニットは必須。ロイタスの魔物使いと、ペガサスを育てたホーリードラゴンがおすすめ。

バルバディック伯
マスターのディストラルアは耐性は高いがHPが低すぎるので、前線には出せない。HP、攻撃、防御が高く、素早さ、技量が極端に低いブラッドソルジャー系は育てば強くなる。ハイランダーは素早さ、魔力に優れ回復魔法持ちで支援にぴったり。ブラッドロードを大量生産し、ハイランダーで後方援護すれば敵はない。ルグザム火山を押さえればドラグーンを雇用できる人材が。ドラゴンマスターまで育てれば相当強い。

ハーラル
珍しく魔法戦力を持たない純粋なアイスマン。HPと防御、HP再生に優れたアイスマンは死ににくいが、例によって攻撃力は低め。モンスターなどを雇用して魔法戦力の充実を図ろう。マスターはかなり強いので、序盤は単騎で特攻しても大丈夫。雪原を出る際にはフライを使えるものを入手しておくべし。アイスマンだけでは決定力に欠けるのでなんにせよ多種族の戦力増強は不可欠。

ページトップへ戻る↑