ドリルは漢のロマンだ





広告


没シナリオ


アイデアだけちょっと温めて、結局物にならなかったシナリオ達。



熱血学園


一芸に秀でたエリートが集められた、政界、経済界、芸能界などあらゆるジャンルと繋がりを持つ巨大な高校『熱血学園』。そこの生徒会長を務めることは将来の日本を支配することに等しい。

故に年に一度行われる生徒会長戦挙(選挙ではない!)では、生徒会長の座を巡りクラスや、部、研究会単位で壮絶な戦いが繰り広げられるのだ!


フィールドマップは熱血学園の俯瞰図。一年、二年、三年生の各校舎と、生徒会、研究会、運動部、グラウンド、プールなどが舞台となる。しかし、現代物の戦術マップチップが必要となることが明白だったため、ここで挫折。

ユニットはごく普通の能力値を持たせる。文化系ユニットは状態変化と魔法を得意とする。男ユニットの一部には神聖攻撃を持たせ、女ユニットの多くには神聖を吸収を持たせる。これによって、漢度の高いユニットは「俺には女は殴れねぇ!」という特徴を与える。女ユニットも崎山のようなタイプには神聖吸収は持たせない。

征服の楽しみを持たせるために、エリア雇用できるユニットは多め。ただし、エリア雇用ユニットは最上位クラスまでは育たないとする。一般ユニットはクラス代表なら同じ学年の生徒ユニット、部や研究会代表ならそこに所属するユニットとする。生徒ユニットは汎用的、部や研究会代表のユニットは能力値に偏り、弱点などを持たせる。クラスは基本的に3段階。最下位でもそこそこ戦える強さで、かつ上位と最上位にはそれほど差を設けない。

生徒ユニットは、一年生は素早く、三年生は力強くかつ鈍重、二年生は中間とする。男、女とわけて、女ユニットは飛び道具持ちにする。三年生ユニットだけ最上位の上に、能力値の下がるニート(男)、プー(女)を設ける。

最後の敵は、熱血学園の学長、枝島平七だが、さらにその後にラスボスを設ける。それはマスターによって違い、側近や兄弟、恋人だったりもする。


マスター紹介

逸剣流(いつけんりゅう)統主、雨津影久。元ネタは無限の住人から。祖父の果たせなかった熱血学園支配を狙う。配下ユニットは剣道部。攻撃力、素早さに優れた強力ユニット。マスターの強さも最強の一角。卍、凛がらみのイベントあり。彼らを生かしておくと強力な側近がどんどん殺されてしまう。

前生徒会長、日弱田(ひよわだ)。本人の能力は極めて凡庸だが、副会長にして竜ヶ崎財閥の一人娘、竜ヶ崎蝶子の強力なバックアップにより、生徒会長になれた。前線を張れる竜ヶ崎親衛隊、回復能力を持つ生徒会風紀委員を率いる。財閥からの財政支援もあり、初期勢力が大きい。

昌子ちゃん。一応主人公。名字は未定。天然ボケでノー天気、元気で明るい女の子。糸目で喧嘩なら最強のボーイフレンド、流石(さすが)君と、自称諸葛孔明の生まれ変わりの軍師役、五丈亮、昌子ちゃんに惚れてるサッカー部のエース、原田など側近は多彩。配下ユニットは二年生ユニットだけ。

崎山かおる。熱血学園なら一年生でも実力次第でトップに立てると聞きやってきた。勢いだけで生きてる喧嘩バカ。元ネタはエアマスターから。「出る杭だってアタシが杭なら誰も打てやしないんだよ!!!!」「あたしが『あの』崎山かおるだぞ!」等の名セリフを吐き、バカマスター相川を側近とする。バカマスターのほうが撃破数が多くなると喧嘩別れ。ラスボスはバカマスター。

光画部部長、え〜る。元ネタは言うまでもないか。側近は戸坂。通常攻撃に強い。特技は混乱。配下ユニットの光画部も混乱持ち。文化系人材が何人か加入。

朝焼け番長。物理攻撃重視の応援団員と、回復持ちのチアリーダー部を率いる。攻撃は全部神聖なので、女性ユニットには歯が立たない。マスターの強さはは雨津と同等。

司馬。昌子ちゃんと同学年でライバル役。五丈のライバルだったらしい。司馬だし。初期状態では永久同盟。司馬コンツェルンの御曹司だが、自分の力だけで熱血学園を支配しなければ意味がないと、外部支援は一切無し。側近はきつめ眼鏡の白鳥。オールマイティに強い。


とか、設定だけは結構考えてたけど、没だよ、没。

ページトップへ戻る

鬼畜王ゴート



デフォの主人公、ゴートが鬼畜だったら、というシナリオ。使えるマスターはゴートだけ。

トライト5世の死後、王都においてあらゆる女性にちょっかいを出し続け、放蕩王子と呼ばれたゴートは戴冠式を前に、ムクガイヤのクーデターで国を追われることになる。ゴートは女ならなんでも来いだが、特に人妻好き。ムクガイヤへの復讐と、全土の女性をハーレムに収めるべく全国制覇を目指す。

側近はロリコンなエロ爺ドルスと、うほっ!なハードゲイ、フィーザレス。敵マスターを滅ぼすたびに、何かしら鬼畜系イベントが起きる。ゴート、ドルス、フィーザレスの三人が誰かを陵辱することになる。

基本的に敵マスターを滅ぼす毎に配下ユニット(ハーレム)にユニットが加入。一般ユニットの雇用は無し、敵も雇用、侵攻はしない。基本的に固定敵を撃破していくシナリオ。敵マスターを滅ぼすと、その配下ユニットが他の全マスターの元に加入する。ゴート憎しで協力しあうということ。

ここで戦略が生まれる。例えば魔導師系を持つムクガイヤは、他のマスターの配下が壁役として参入する前に叩いた方が楽になる。しかしムクガイヤを滅ぼすと魔導師系が各陣営に入るため、攻略がきつくなるとこも出てくる、とか。ムクガイヤにはロイヤルガードという強力ユニットが居るため攻めにくいが、ルートガルド周辺を全部抑えると兵糧攻めしたことになり、ロイヤルガードは腹ぺこガードに弱化する。

ラスボスは地獄全土を手中に収めて地上に帰還したトライト五世。魔神やサキュバス系を大量に率いてくる。どのマスターを先に落とすかはプレイヤー次第だが、敵は侵攻しないし、雇用もしないので、基本的に一本道なシナリオ。時間をかければ誰でもクリアできるように。


鬼畜系イベントの一例
バルバッタ討伐後、「犬鍋にして食ってやる、精力がつくぜぇ!!」 近隣の女性がバルバッタにさらわれていたので解放、その中にテステヌとマクセン(どっちも女)。「お前らは俺のハーレムに入れ!」「ああん? 今まで犬どもにヤられまくってたくせに、今更貞淑ぶってんじゃねえ!」「くぅ、犬鍋効いてきたぁ! 」

ラムソン討伐後、「お前の奥方には前から目ぇつけてたんだよなぁ」「王子、ラムソンどのは是非このフィーザレスめに!」「おう、短髪髭のガチ系が好きなんだっけ、よしよし、可愛がってやれ」「うほっ!」

ナルディア討伐後、「お前が俺のハーレムに入るか、お前んとこの部族の女をみんな慰安婦にするか、親切な俺様が選ばせてやるぞ」「ああ? 踊り子なんて売春婦の別名だろうが! とっととストリップしやがれ」

アルテナ討伐後、「おいおい、初めての男につれなくすることねーだろ」「優しくしてやったじゃねーか、あの時はよ!」「わかったわかった、じゃぁ今度は『後ろ』の初めてを貰ってやるからよぉ、がーっはっは!」

ムクガイヤ討伐後、「や、やめてくれ、妹は、マクミリアはまだ14歳なんだ!」「ぎゃははは! 14歳ってのはロリと成女との間の微妙な年頃でな。どっち好きのやつにも受ける、絶妙な年頃なんだよぉ!! ○ヴァの同人誌読んだことねーのかよ! ぎゃーははは! ドルス、お前ロリ好きだろ、一緒に可愛がってやろうぜ!」「この鬼畜がぁ!」「うるせー! フィーザレス、 長髪ひょろのやおい系だが、ムクガイヤはどうよ?」「うほ、いい男」「アッー!」

ピヨン討伐後、「おう、かき氷にして食おうぜ」
ウォーラック討伐後、「ドワーフの女は、男から髭無くしたのと同じ顔だってな。けっ。全員鉱山に押し込んで死ぬまでこき使え
ゲルニード討伐後、「ラミアってのは、上半身は美女で巨乳でいいが、下が蛇だってのが萎えるな。おう、剥製にして上半身だけ飾っとけ」


とか、鬼畜イベント考えるのは楽しいけど、品性を疑われそうなんでとりあえず没。一応書きかけのシナリオ原案

ページトップへ戻る

君と僕との夏休み


田舎の小学校を舞台に、夏休みを時期にシナリオを展開。主人公は元気な男の子、ヒロインは夏休み直前に転校してきた都会の女の子、というベタすぎる設定。他にハカセ君やおデブなモーちゃんなどが初期メンバー。

小学校を中心に、裏山で昆虫採集、渓谷で釣り、山登り、神社や墓地で肝試し、宿題などを行う。なにかしらのイベントでどんどん同級生が加入してくる。

昆虫採集、釣りなどは、移動不可能な地形に囲まれた城に籠もる、セミやカブトムシ、イワナやヤマメユニットを捕虫網などの遠距離から攻撃することで採集を行う。敵ユニットは全部人材扱いで、一戦闘では絶滅できない、かつ無敵ユニットを置いて占領も出来なくする。とにかく数を倒すか、全種類を一匹ずつ倒すなどが課題のクリア条件。

宿題は、学校の教室エリアで、特定の魔法攻撃しか効かない宿題ユニットの撃破で、課題クリアとする。魔法が使えるユニットは頭いい派に限られ、バカな生徒に宿題をやらせても倒せない。他にも図画工作や料理などの課題もある。女性ユニットは料理系の敵に効く魔法を持ってることが多い。

期限的に適当にやってると課題クリアが難しく、肉体派はアウトドア系課題を、知性派はインドア系課題をという具合に適材適所で割り振らないとなかなか勝てないものとする。

シナリオは7/20日から始まり、8/31日までの40ターンほどで行う。ターン毎に色々イベントを起こす。全課題を完全にクリアすると、ヒロインへの告白エンディング。課題を残していると、夏休み終了時にまたすぐ転校していくというバッドエンドが待っている。

主人公とヒロインはターン開始時に同じエリアに居ると親密度が上がり、告白の結果に反映されるので、共に行動するべき。しかしヒロインは知性派の特徴を持ってるので、課題クリアのためにはバラバラになる必要も出てくる。夏祭り当日など、特殊イベント時に一緒にいれば親密度をぐっと高められる。


とか、アイデアだけは考えたけど、ファーレントゥーガでやる意味あるのか?

ページトップへ戻る

ボイス&アニメーション


ファーレントゥーガには、特技と魔法を使ったときには、効果音と画像が出る。ここをものすごく凝っちゃえ! というシナリオ、というかシステム。

決戦〜それぞれの思い〜だったか、僧侶系の最上位の特技、天罰で、天使(?)が現れて、シュバッと攻撃するのを初めて見たときは感動したものだ。あのエフェクトが好きでよく使っていた覚えがある。これを全ての特技に応用してしまおう。弓を打つのでも、ぎゅうっと弓が引かれるアニメから、ぴーんと矢が飛んでいくアニメに繋げる。音も本物から取ったようなリアルな効果音をつけよう。

魔法もだ。これはマジカルボイスロールプレイングと名高い『魔導物語』を習って、「ファイアー!」「やったなー!」「ダイアキュート!」と叫ばせよう。アニメも究極魔法なみに派手なのを全てに用意しよう。

そして、通常攻撃みたいに地味でダサイのは完全に廃止しよう。これだけやれば、戦ってるだけで楽しく、オバかなユーザー、もとい、一般受けするシナリオになること間違いない。

ま、問題はそんなものを作る労力がどこにも無いということだな・・。あと容量がアホみたいに増えるな。MP3形式WAVEがファーレントゥーガのシステムで使えれば、効果音は少し圧縮できるが。(試した所、一応鳴った。既存のシナリオでもWaveに容量を食ってる奴は、圧縮できるかも)

そういえば声優募集とか言ってた月光ロマンチカは、こんな感じのを目指してるんだろうか?? ちょっと違うか。

ページトップへ戻る