ドリルは漢のロマンだ



メニュー


・10万ヒット記念

素材ページに戻る
トップページに戻る

広告


10万ヒット記念漫才


「というわけで」
「トイレに、わ、毛?」
「くだらねぇ突っ込みいれるンじゃねぇ、このくそガキがッ!」
「いきなりキレないでください」
「なにはともあれ10万ヒットだ。これもそれも魔道王たる予のおかげといえよう」
「いや、それはないでしょ」
「だまれ、この童貞野郎」
「下品ですね。(干物の分際で・・)」
「この予の様な強大で格好いいラスボスが居てこそ、貴様ら雑魚が必至に足掻くのが楽しいのだろうが」
「なんか文法がおかしいような・・」

「それはともかく10万ヒットだ」
「おめでたいですね」
「10万と言えば、少ない数字ではない。だがもっともっと増やす必要がある、この超絶魔道王ムクガイヤ様の覇権のためにッ!」
「(・・脳みそ腐ってやがる)」
「そこでチェリーボーイ、訪問客を増やす方法をとっとと考えろ」
「誰がチェリーボーイですか。僕は山形のマスコットキャラですか」
「で、訪問客を増やすにはどうすればいい?」
「んー、そんなに簡単に増やせれば、アクセスが少なくて泣く人もいないでしょう」
「ち、使えない奴だ。まぁいい、こンなこともあろうかと、人気サイトの秘密を予が探っておいた」
「はぁ、ご苦労さまです」
「ご苦労というのは目下の者に使うもンだ、ラグラントゥー持ってるからって増長しおって」
「(こまけーな)ああ、はいはいお疲れさまですね。それで、調査の結果はどうなんですか?」

「とある300万を超えてるサイトを見たが、なんとブラジャーを着けてるブタを飛んだり踊ったりしていたのだ」
「ブラジャー? ブタ??」
「そうだ、そして予は悟った。・・アクセスを稼ぐにはブラジャーだとッ!!」
「な、なんだってー(AA略)」
「そこでホルス、貴様がブラジャーを着けて国内を練り歩くのだ」
「嫌だよ、ぼけ。おっと、嫌ですよ、僕は」
「時代はショタだと睨んで貴様に託してやろうというのに、先見の明のない奴よ」
「ショタ好きがファーレントゥーガをやってるとは思えないんですが。あの絵じゃ・・」
「ええい、デフォルトのフェイス画像の素晴らしさを知らぬうつけ者めが」
「ブラジャー付けさせるなら、アルテナさんとかイオナさんとか」
「たわけッ! あンなデッサンの狂った女どもに何が出来る」
「へぶ、デフォが素晴らしいって言った側から、それですか・・」

「ふん、貴様がダメだというなら、その辺の女に首輪をつけて監禁して・」
「ちょーっと待つでごわす!」
「む、何者だ、このハゲは」
「おいはオステアの傭兵、ノーアでごわす」
「で、なンの用だハゲ」
「時代はショタではありもうさん。今は聖なる筋肉の時代でごわしょう!!」
「聖なる筋肉ぅ?」
「いかにも。敢えていうなら聖マッスル時代! 故にこそ、ここはおいに任せるがよかー!」
「ちょ、ちょっと待てぇいッ! ああ、ブラジャーを着けるのはやめろぉッ!!」
「マッスルマッスル、聖マッスル!! マッスルポージングを見るがよかー!!」




「ぐはぁッ! 醜いッ!」
「うげげ・・」
「ああぁ・・今、おいは確実に美しいでごわす! まさにエクスタシー!」
「ぶ、ブラジャーが汚れてしまったぁ!」
「これでこのサイトも100万ヒット間違いなしでごわす。がーははは!」
ページトップへ戻る

追補編


「時にムクガイヤさん」
「『様』を付けろよ、でこすけ野郎ッ!」
「(しかと)なぜ『ん』がカタカナだったり、語尾に『ッ』がつくんですか?」
「フ、そンなことも判らンのか? 偉大なる先人に敬意を払ってのことに決まっているだろうがッ!」
ページトップへ戻る